2019年01月06日

大型開発より、くらし福祉優先を

年が明けて、10日からは知事選挙が始まる。
「大わらわ」とはこういうことです。毎日、準備に七転八倒。
あれはどうなっていたっけ?これはどうなっているの?

候補の発表が遅くなってしまったこともあり、準備はフル回転。
イライラしたり、安堵したり、時間ばかりが気にもなります。

でも、でも
知事選ができる喜びみたい感覚もあります。

自民党に真っ向勝負の知事選です。
相手は自民党であり、ほぼほぼ自民党であり、
同じような政策が並ぶ中にあって
「大型開発よりもくらし福祉優先」とズバリと言える、この清々しさ。

リニアよりも介護保険を何とかして
重度障害者医療費窓口無料に戻して
中小企業や福祉労働者、働く人の賃金を引き上げられるような支援策こそ、人口増加対策。

沖縄のように、国にはっきり意見を言おうよ。
国とのパイプではなく、県民とのパイプこそ太く強くですよ。

立候補予定している4人の中で、まったくひとりだけ、違う。
その違いは明瞭。

大型開発よりも暮らし福祉優先を。
国の悪い政治に山梨から意見を言おう。

どんどん広げていきたい。
広がりを実感できる。

もう、めちゃくちゃ手作り感いっぱいの選挙だけれど、
市民と共闘の選挙はこういう感じだろう。

楽しくなってきた。
さあ、がんばるぞ。


posted by こごし智子 at 23:15| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。