2019年02月20日

長崎新県政をしっかり質していきます。

長崎新県政が始まりました。
自民党公明党推薦、自民党籍のまま知事になった。
国との太いパイプがあるという長崎新知事。
つまり、安倍政権直結の県政となるのか。
不安と懸念と心配と。
だから、しっかり議会でチェックし、知事に質していかねばなりません。
知事の提案に何でも賛成のイエスマンの議会では県民の声は生かされません。

初登庁の時も、議員全員協議会の時も、選挙公約についてはまったくふれませんでした。
新聞報道などで見る、「リニア駅周辺整備を一から見直し、駅の位置についても検証」という発言には
リニア建設に反対の私も、疑問を感じます。

駅の変更などできるのかしら??
ルートもアセスも用地買収もすべて変更となります。
今になってできるの??

25人学級、風鈴火山ミュージアム、50m屋内プール。
さて、財源は??

選挙の公約には掲げられていたけれど
「勉強します」という言葉が知事からは繰り返されるばかり。
ハッキリと、明言はしないスタンスなのか。

26日から県議会が始まります。
所信表明で何を話すのか。

私の控室に知事があいさつに来た時に
私は
「弱い立場の方の声を聞いてください」
「議会の答弁は知事がしてください」
とお願いしました。

12月議会の答弁とは180度違う答弁も想定されます。
その場合はぜひ知事が自分の言葉で答弁してほしいです。

私の質問は3月7日。
質問者の最後です。
今任期、最後の質問です。
長崎新知事と正面から対決です。
posted by こごし智子 at 00:34| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。