2019年04月03日

県議選 5日目

9日間の県議選。前半が過ぎた。
「駆け抜けている」とはこういうことだと思う。
マイクで訴え、走って握手。
電話をかけ、車に乗り込み、あっという間に1日が終わり、すでに半分が過ぎてしまった。

各地で風が強い中、寒さに震えながら、私の話を聞いてくれる方がいる。
「感謝」のことばしかない。
ありがとうです。

ごく普通の当たり前の毎日を、年を重ねても過ごせるくらしを望んでいる。
当たり前のくらしを阻んでいるのが自民党の政治。
だからこの政治を変えたいと思う。

難しい話ではない。
お金の心配なく病院にかかれて、お金の心配なく、介護保険を使えて、お金の心配なく、子育てができ、学校に行ける。
こどもたちの夢を実現できる環境を整えたい。

県政、国政のお金の使い方、集め方をちょっと変えればできる話だ。
みんなとちからをあわせて政治を変える。
県議選折り返した。
頑張る。
posted by こごし智子 at 01:25| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。