2019年06月13日

6月議会が始まりました。

県議選初の定例議会が始まりました。
タブレット試行と紙ベースの併用による議会も始まりました。
議場にタブレットが配布され、知事所信表明もタブレットにアップされて、見ていました。
傍聴者からみると、「議員は何やっているんだ?」と思われたら、タブレット端末から議案をみていたということです。

さて、長崎知事初の政策予算、400億円をこえる積極予算。
長崎知事の所信表明を聞いて、今までとは違うと驚きと懸念も感じました。

所信表明のなかに
「安倍総理大臣は令和について」「総理の願いと同じく」「国土交通省や自民党本部に対しても要望」という文言が入っていたことです。
所信表明に安倍総理大臣や自民党本部というワードがでてきたことに、違和感を覚えました。
普通は「政府」「国」という文言でしょう。
いきなり安倍総理大臣という言葉に、ギョっとし、思わずのけぞってしまいました。
長崎知事は自民党籍で自民党の支部長にもなり、自民党の候補を応援すると公言している人ですから当然と言えば当然かもしれませんが、

国への要望に自民党本部に詣でるとズバリ明言してしまうのは、
政府よりも自民党本部に行くことが予算獲得になるとなれば、
なんだか、ざわざわした気持ちになります。

国に働きかけて、予算をいっばい取ってきた。
自民党でいることが、自民党本部にいくことが予算獲得だとなれば、どういうことなるのか。
「国との太いパイプ」とやらはこういうことでいいのか。

知事就任後、国に足を運び、職員にも積極的に国に足を運ぶようにと指示し、
東京出張が多い知事と県庁を結んで会議ができる整備もするし。

こういうやり方は、もうずいぶん前のやり方のような。


富士山登山鉄道、リニアビジョン、突然、射撃場整備もでてきました。
スタジアムの建設問題も。
いずれも、超巨額となります。

国保料が高い、介護保険が高い。
給料が安い。最低賃金を引き上げて。
年金はどうなる?
消費税増税されたら山梨は、中小企業はどうなるんだ。
国との太いパイプなら、こういう問題こそ。自民党本部に言ってほしいです。
posted by こごし智子 at 06:10| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。