2019年09月19日

9月県議会始まりました。

18日から9月県議会が始まりました。
今議会は、私も質問します。

昨日の所信表明では
「地域間競争の中で外に対して果敢にアプローチすることが不可欠、戦略性をもった攻めの仕掛けで外貨を稼ぐこと」
「県単独の取り組みではなく、パートナーシップ構築が必要、最優先に信頼関係を築くべきは国」
「中部横断道の県負担を総務省に地方交付税の有り方を国とともに正面から考え、協議した結果、県の負担額がほぼ解消された」と述べました。

外に向かう。県外からの誘客。
パートナーシップ。
前県政と変わらない。

違うのは国と関係をより濃密にしようということだ。
国に働きかけて制度すら変えさせる。それがパートナーシップということだろうか。

では、
ぜひ国に消費税増税をやめるように働きかけていただきたい。
増税で県民のくらしは悪くなると思いますから。

「県民がゆたかさを実感できるやまなし」を知事はスローガンに掲げている。
現在の暮らしは到底豊かさを実感できない。将来に不安がある。
消費税増税や年金問題。
豊かさを実感できるだろうか。

県の総合計画の素案の説明では
若い女性が県外にいき、戻ってこない。
若い女性が少なく、出生数が少ない。
対応の方向性として
「女性活躍の推進」「教育・子育て環境の充実」「地域経済の底上げによる豊かな山梨の創造」をあげている。

であるならば、
ジェンダー平等を
こどもの貧困を
現状とともに施策をしっかり掲載いていただきたい。

こうした私の発言に
「少し検討します」と部長が回答した。
期待しています。
posted by こごし智子 at 09:00| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。