2019年09月28日

県議会で質問しました。 再質問に知事は答弁せず。

再々質問しても答弁の挙手がない。
議長が「答弁を求めます」と促すと、部長が挙手した。
私は「知事の答弁を」と言った。

再々質問
「知事はマスコミや検討委員会には自分で話しても、県民には説明しないのですか」
[富士山はこのままでは飽きられるとはどういうことか。粗々の試算で採算がとれるという根拠は。答えてください」
と質問した。

これは富士山登山鉄道について知事就任半年のマスコミインタビューで言ったのだ。

私は最初の質問でもちろん、問いただした。
知事に答弁を求めた。
質問日2日前に提出する、質問骨子にちゃんと書いた。
議場の議員に配布される質問要旨にも「飽きられるのは」「粗々の試算を示せ」と書いてあるのに。
答えなかった。
答弁漏れというよりも答弁拒否だ。

リニアビジョンの検討会で知事が「大胆なこと考えている」と述べている。これは何かと聞いても答えない。
大銀行や不動産や誰もが知ってる超有名企業が入っているワーキンググループ会議は非公開。

スタジアムは「負の遺産にならないように」と知事が言っていたので「赤字になることは必至。現在のスタジアムのすぐ隣に同規模のスタジアムを作ってどうするのか。建設見直しも選択肢ではないか」と聞いているのに、知事は答えない。

山梨県議会独特なのだろうか。
知事に答弁求めているし、知事が発言したことに対して質問しているのに、知事ではなく、部長が答弁するって、おかしくない??

知事は「リニアもスタジアムも根拠にもとづいて議論をつくす」と言ってたのに、
根拠も示さないし、議論もしようとすらしない。

知事と議論尽くしたいです。

posted by こごし智子 at 22:25| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。