2019年10月31日

明日から11月。

10月はいろんなことがあった。
9月定例県議会が閉会、決算委員会が始まり、台風の大きな被害。
国会では大臣の辞任、失言。
オリンピックのマラソンと競歩は東京から札幌に変更??

消費税の増税が暮らしを直撃している。
さらに世界経済の不安が広がっている。
医療や福祉はどうか。
公立・公的病院の再編統合にむけてだろう、具体的病院名をあげて進めようとしている。
介護保険は利用料が2割、3割?も検討??

教育の面では
大学入試の英語試験は大臣の「身の丈にあった」発言。不公平な受験になってしまう。
給付型奨学金の対象を拡大すると言っていたが、連動する授業料減免は対象者が現在よりも減らされてしまう。

安倍政権がやっていること。やってきたこと。やろうとしていること。
これでは大変なことになる。


台風被害の現場を見るたびに言葉が出ない。
ことばを発することができないくらい、この被害の深刻さを伝えることばが見つからないくらい。
寒さがやってくる。
早く復旧を
息の長い支援が必要だと思う。

11月。
少しでも、明るい方向がみえますように。


posted by こごし智子 at 23:55| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。