2019年12月04日

12月県議会が始まりました。

県議会始まりました
初日に決算認定反対討論に立ちました。
「前、後藤県政のダイナミックやまなし、かがやきプラチナプランは成果なく終わりました。」とズバッと言いました。

リンケージ人口もリニア周辺整備の構想もスタジアムも、根拠のない数字を曖昧なまま並べて、結局破綻しました。
リニア周辺整備構想は1時間に2本停車すると根拠なく県の希望的観測でつくったもの。
最終報告書は出せず、かかった4520万円は泡と消えました。
スタジアムは「建設ありき」で進み、報告書で5000万から8000万円の赤字になると指摘されました。

さて、現在の長崎知事はスタジアム建設を全面的に見直すと記者会見で表明しました。
知事は収支予測が赤字だから、県の財政負担が大きすぎると言っていました。
私がずっと指摘していた通りです。
でも所信表明では「集客力があり、採算がとれ、地域経済活性化になるよう検討をする」として、見直す、建設をやめるとは言わないのですよ。

だから決算反対討論の時に
「さいごに長崎知事はスタジアム建設を全面的に見直すと表明したように、後藤県政の大型開発の失敗を教訓として方向転換を図るよう求めます」と反対討論だけど、求めた。

そうです。
スタジアムは建設見直し。
長崎知事がすすめる、リニアビジョンや富士山登山鉄道が後藤県政と同じ轍を踏むことになりますよというメッセージです。

傍聴していた方から
「こごしさんの討論の時、長崎知事はうなづいていたよ」と言われました。
方向転換してくださいね。


もう一つ、
山梨県歌の普及促進の決議のついて。
議場で開会の前に唄いました。
でも、決議の中に「県下の官公庁や小中学校高校で斉唱することを強く求める」とあるのです。
これでは強制になります。
なので決議については退席しました。

posted by こごし智子 at 07:08| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。