2019年12月20日

リニアの需要予測。一日13500人?!

あれだけ、「駅位置がここでいいのか、検証する」と言っていたわりに、やっぱり大津だった。
しかも、もう一つの駅候補として出されていた身延線の小井川駅とシャトルバスで結ぶという。
大津の小井川もどっちにも「駅機能です」と納得させたような、駅位置。
そして乗降客数は1日13500人。

1日13500人の乗降客の前提条件として
一時間に上下それぞれ1本停車。
通勤通学利用含まず。
身延線の利用が増える。小井川駅に特急が停まること。
大津はスマートインターに隣接。
甲府駅とシャトルバスで結ぶ(25分くらいかかるかなあ)
運賃は品川と名古屋間12000円と想定。

県内利用が9300人
長野県の茅野や佐久から4200人。
小井川駅にくる鉄道利用してリアの乗降客が4700人
高速道路や一般道利用が8800人。

通勤通学含まず、県内利用が9300人も?
長野県から4200人?

それと鉄道利用、小井川駅利用が4700人??

身延線の小井川駅は無人駅、単線。特急は停まりません。
甲府駅から各駅停車で24分。最寄りの東花輪駅、南甲府駅に特急は停まります。
身延線を利用してリニアに乗りに行く人がどのくらいいるのか。
甲府駅と大津を結ぶシャトルバスも走るのですよ。

甲府駅から24分かけて小井川駅まで行ってシャトルバスに乗って1時間に1本のリニアを待つ??
佐久地方から、小海線、中央線、甲府から身延線に乗り換えて小井川駅に行く??

何回乗り換えるの?
佐久から東京なら新幹線に乗って東京に行くと思う。
茅野からも特急あずさで新宿、塩尻からしなので名古屋、の方が便利だと思う。
南巨摩方面からは身延線よりも中部横断道でリニアにくるでしょ。
もっと南なら静岡行って新幹線の方が早いのじゃないかしら?

リニアで東京まで20分とか25分とか言われるけど、リニア駅に行くまでどのくらいかかるんだろ。
リニアに乗っているよりも、リニアに乗るまでの方が時間がかかるって。笑えない。

13500人も利用するのか疑問。
新幹線駅の有名な駅でも一日の乗客が4000人強という検証もある。通勤通学をいれて。
甲府に乗り降りで13500人。単純に乗客だけで6750人。通勤通学含めずに。
過剰な予測だと思う。
1時間に1本、上り下り17本ずつ。一日34本が甲府の駅に停まるという前提。
1本あたり約400人が乗降することになる。乗る人が200人とすると
リニアは最大1000人の乗客。
乗客200人が甲府駅で乗る計算。
5分の1が甲府駅で乗るの?

身延線の利用客が増え、小井川駅特急が停まるというのは希望的観測ではないか。
身延線と接続とすれば、身延線が存続するのではないかという希望的観測が背景にあるのだろうか。
リニアが開通したら、身延線が廃線になるのではないかという不安があるからだろう。

大津と小井川のシャトルバスは5分くらいだろうか。
民間運営も検討。
シャトルバスは南アルプスや峡東方面にも出すとか。
それには新たな道路、インフラ整備も必要だときた。

あっちにも、こっちにはシャトルバス。
駅前はバスターミナルと駐車場とタクシー乗り場があればいいってことになる。
横内県政の時の交通の結節機能に、また戻るのか。

リニアから山梨県の最大の観光地富士山までシャトルバス??もありなのか。
でも富士山方面には東京から行った方が早い。

利用予測は過剰だと思います。
この数字のために巨大開発がされるのか。
環境破壊や道路建設が行われるのか。

人口は減っていきます。
リニアは人しか運びません。
リニア駅周辺は浸水地帯でもあります。
リニアが来ればバラ色ではありません。





posted by こごし智子 at 00:40| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。