2020年01月15日

大学授業料減免の維持拡大を

来年度から、給付型奨学金と大学の授業料の減免が始まります。
高等教育無償化への一歩です。

しかし、
しかしです。
対象者が狭すぎるのです。
非課税世帯は対象になりますが、これまで大学独自で授業料を減免していた対象枠が維持されるのか決まっていないのです。

民青同盟山梨県委員会が、山梨県立大の授業料減免の維持拡大をもとめて山梨県に要請しました。
私も同席しました。
国公立大はじめ、大学の授業料減免の維持拡大を国に要請すること。
県独自の給付型奨学金を実施することも要請しました。

民青同盟の皆さんは大学前でアンケートもしていて
「バイトが安い」「課題や実習でバイトができない」「去年前期は減免申請した、後期は外れた。だから今年は申請しなかった」
そして
減免対象が狭められるということを知らない学生がほとんどだったとか。

国は在校生は経過措置として減免維持をしようとしているらしいけれど。新入生はどうなるのか。

山梨県立大は設置者は山梨県。
山梨県がお金を出して減免対象の維持、拡大してほしい。

山梨県立大の現在の減免者は前期後期のべ200人と担当課が話していました。
対応した課長は
「この人数より少なくなると思います」

それでは困るのです。
国公立大の学費減免を想定して、受験勉強頑張ってきた高校生もいる。
授業料が減免になるかならないかは、学生にとって、保護者にとっても、大問題。
進学あきらめてしまう家庭も出てくるかもしれません。

国は「真に困窮している」として非課税世帯を対象とするようだけど、
中所得層だって、学費の負担はとっても重い。
きょうだいで大学生だったりする場合もある。

山梨県立大の設置者の山梨県がまず、ぜひ、減免を維持してほしい。
国に減免をひろげるよう要請してほしい。

「教育にお金がかかるから」と子どもを産むことをためらう夫婦が多い。
こどもの貧困対策からも、子育て支援からも。
これは山梨県、日本の経済をささえることにもつながる。

お金の心配なく、学び、夢が実現できる社会を
posted by こごし智子 at 19:25| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。