2020年09月21日

ようやく、検査数全体が集約されるようになった。

新型コロナウイルスの検査数について
ようやく山梨県も医療機関の保険適用分のPCR検査、抗原検査数が集計データに反映されました。
18日の発表の1週間の検査数や陽性率に反映されました。

これまでは県の衛生環境研究所のPCR検査数だけしか掲載されず、医療機関分や抗原検査などの数がありませんでした。
私は、もう何度も何度も、なぜ把握できないのかと聞きました。

行政検査よりも保険適用の検査数の方が多いのです。
検査がどのくらいできるのか。
検査機器はたりているのか。

感染者数には、抗原検査や、医療機関での感染確認数も入っているのに、
陽性率を出す時にこれらの検査数が入っていなければ、実態と違ってきます。

こうしたデータ集計は感染対策を検討する基本中の基本データです。
全庁挙げてコロナ対策に取り組んでいるはずが、担当課任せになっているのではないかと心配です。

ようやく、ようやく、他県なみのデータ集計となりました。
山梨県は県独自にCDC疾病対策センターを設置すると準備室を開設しました。
基本的な検査数の集計もできなくて、CDC設置となるのでしょうか。

山梨県にも感染症情報センターがあります。
情報センターの機能強化、保健所の体制整備がまず必要だと思います。

ハーシスやジーミスもどうなっているのかしら??
気になっています。
posted by こごし智子 at 16:11| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。