2020年11月14日

「県有林の貸付料は異常に安く、不当である」の3年前の指摘通りにはなったけれど。

富士急などへの
「県有林の貸付料について不当であった」「山林原野の評価をすること自体が間違っている。不当な扱いに反対する」
と私は平成29年11月の決算総括審査で述べ、本会議の決算認定の反対討論でも述べました。
平成29年2月の土木森林環境常任委員会でかなり詳しく質問しました。
今回の知事の突然の「宅地として評価すべきところを開発前の山林で評価するという重大な誤りである」という見解は私の主張そのままです。

3年前の質問では
北富士演習場よりも安い。リニアの残土置き場よりも安い。
安い賃料で借り、転貸している。
「県有地なので土地の固定資産税はかかりません」と近接の宅地よりもとても安く売りだしている。
市町村に固定資産税が入ってこないから、市町村に交付金を出しているがその金額は宅地でなく、山林の評価。

住宅なのに、県有林貸付は山林原野の評価。ってどうして??
農地でも建物があれば、建物分は固定資産がかかるのに、なぜ?
転貸して、利益を上げている。

3年前の質疑では
「山林の価格です」
「委託した専門家により価格調査は行っています」
「県では山林の状態で貸付を行い、その後借り受け人が造成にかかる費用を投下して現在の状況になっている。造成前の山林価格をもとに貸付料を算定している」「
「市町村への固定資産税の交付金額については市町村と協議しており、市町村から意見はない」
として
「問題はありません」の一点張りだった。
でも私は反対した。自民党の議員は黙って私の質疑を聞いていた。

私の主張通りに「違法であった」と県が認めたことは評価に値するのだろうけれど、
なぜ全く逆の見解になったのか。
あまりに突然すぎる。
どういう経過で方針を転換したのか。
説明がたりない。

あれだけ、山林価格で妥当と答弁していたのに、コロッと真逆の論理展開に戸惑う。
当時の答弁していた職員の方は今回の方針転換をどう説明するのか。

県のルールに沿って契約を交わしてきた借り受け人は突然、一方的に「契約は無効」と言われたら
「話が違う」というのは当然だと思う。

ある日突然、「家賃の算定が違っていたので、契約は無効です。6倍の家賃を払ってください」と言われて納得するだろうか。
契約を交わす時の県の考え方、ルールが間違っていたことが一番の問題です。
そしてなぜ、このような「違法な」ルールになっていたのかが問題です。

結果報告だけでなく、方針転換の根拠、経過。
なぜ「違法な」ルールになっていたのか。
県民に説明が必要です。

posted by こごし智子 at 16:25| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。