2021年01月14日

山梨県に来年度予算要望書を提出、知事と懇談しました。

日本共産党山梨県委員会として、山梨県に来年度の予算要望書を提出しました。
今年も知事が直接対応していただき、懇談しました。

12月にすでに日程も決まっていたのですが、議会の会期延長と私が特別委員会の日程と重なり、
「知事とお会いになったほうが良いのでは」と担当課のお取り計らいで、今回も知事と共産党で懇談できました。
花田県委員長、南アルプス市議の名取市議、郡内地区委員会の大久保令子さん、そして私の4人で参加しました。

来年度の予算要望ではありますが、拡大が深刻な新型コロナウイルス対策を冒頭にしました。

無症状者を早期に発見し、保護、隔離することが感染拡大防止につながります。
介護施設など、クラスターとなれば、重症化となりやすく、定期的、継続的な「社会的検査」を山梨県でも実施すること。

感染爆発も視野に入れた医療機関への支援。
病床の確保、医療機関への経済支援、要介護者が継続して介護サービスを受けられる体制作り。

GoTo依存から脱却し、直接補償を実施すること。
緊急事態宣言で、県内の観光業飲食店も大打撃となっています。
グリーンゾーン認証の店舗もお客が激減です。
事業収入減少への保障を求めました。

感染状況を県民に分かりやすく発信してほしいこと。
県庁のホームページでは感染状況がどうなっているのか。警戒なのか、静穏なのか、わかりません。
他県のように、トップページに病床利用率や陽性率など今がどういうステージなのか発信してほしいです。

もちろん、来年度の予算要望なので、様々です。
25人学級の実施にあたり、「国が始めるから財源が回せますよね」と県委員長が指摘すると
知事はちょっと「カチン」となったのか。
「それは違います」とのべて、
なぜか介護の待機者の話となり、だから、県有林の賃料問題となり、
要望書に「県有地の適正賃料を」と書いてあるのを見つけて
「これですよ。まさにこれですよ」「御党も小越議員もぜひご理解を」とわが意を得たりとまた、持論を述べ始めました。

少人数や待機児童などの改善にも努力いただいてとちょっと「もち上げたら」
「小越議員からご指摘いただきました通り、年度途中に希望する保育園に入れるようにする。1時間かけて出勤するなんて無理ですから。もうお叱りを受けないように今、具体化しています」と私のほうを見て述べました。

さらに
「こごし議員の質問には心して対応していますので、ご指摘ご提案ぜひお寄せください」と知事が何度もわたしを見るのでした。

「心して対応している割には答弁がゼンゼンじゃん」と思ったけれど、スルーして、笑っておきました。
私は懇談中もまったく話さず、ずっとニコニコしていました。マスクですけど。

退室する時にもひとりひとりに声をかけてお見送りしていただきました。

ぜひ県政運営に生かしていただきたいです。
私も心して質問しますから、お願いします。
posted by こごし智子 at 01:09| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。