2018年07月04日

県議会の「人口減少対策の政策提言」には自然増対策、子育て支援策がまったくふれられていないのです。

人口減少対策は重要です。
県議会として政策提言することは賛成です。
しかし、今回の「人口減少対策に関する政策提言」には人口減少対策の要である、自然増対策、子育て支援策について、まったくふれられていません。自然増はすぐ結果がでるものではありませんが、人口増加対策の最重要項目です。その対策がこの提言に含まれていないので、私は反対したのです。

人口減少に歯止めをかけ、地域経済を活性化することが喫緊の課題と捉え、
移住・定住促進、企業等誘致、地域産業の振興等、人口減少対策に係るとりくみを提言したとしています。

人口減少に即効性があるのが移住対策だとしています。
「リニアの開通で首都圏への通勤が増えるからリニア駅への交通基盤整備を」というのでは、結果として巨大開発に税金投入を推進することてす。
「移住が実現したら情報提供を行った宅地建物取引業者に成功報酬を支払う仕組み」は税金の使い方としてふさわしいのでしょうか。

「人口流出を抑えるため、Uターンを増やすために地元の愛着やほこりを高める「ふるさと教育」が大切」って何のことだろうか。心配。
「外国人留学生を山梨県で就職するためのポータルサポート」なども提言されています。

でも、まずは教育の経済的負担の軽減だと思います。
山梨県の県立大の入学費は他県の公立大より高いのです。
まずは県立大の入学費や学費の値下げや授業料の減免など、県としてすぐできます。
留学生だってふえるのじゃないでしょうか。

移住対策が速攻性あるとしても、移住の要は子育て支援です。
山梨県への移住希望者向けのリーフには「子育て支援日本一」とうたっていますが、希望する保育園に入れず、隠れ待機児童が相当数いるのに、待機児童ゼロと書き、年度途中の入園が厳しいのに「円滑にすすめている」とリーフに書かれたままです。
子育て支援日本一とはとても言えません。
若い子育て世帯が移住を希望する時「自然に恵まれた山梨で」と思って来たら、小中学校は統廃合、高校は全県一学区で遠距離通学。
移住対策の中でも子育て支援、教育環境の整備は大きなウェイトだと思います。

なぜ社会増、移住政策に限定しているのでしょうか。
移住による人口増が即効性があるとしていましたが、

どこかから山梨県に人が移ってくればいい。
東京から山梨に来てくれればいい。
それでいいのでしょうか。

人口減少は日本全国の大きな社会問題。
高い学費や非正規雇用、過労死するような働き方、介護離職等々。政治の問題です。
フランスが子育て支援に抜本的に取り組んで出生率を回復させてきたように、長い年月かかるかもしれないけれど、自然増対策に本腰入れなければ、人口減少対策にはなりません。
他の県から山梨県に移住が一時的には増えても、持続的、継続的な人口増加対策には自然増対策が不可欠です。

いま、ここに住んでいる市民の暮らしが満足できるものでなかったら、移住も進まないと思います。
一朝一夕に人口は増えません。
だからこそ、思い切った、子育て支援策、教育環境、雇用対策、福祉の問題。
国にハッキリと意見をいえること。県独自の自然増対策を進めるべきです。

と、討論し終わったら、「じゃあ共産党にやってもらえ」とヤジ。
はい、共産党にやらせていただきたいです。
やらせてくれますか?
やってもいいでしょうか。
と、心の中で言い返しました。
posted by こごし智子 at 22:08| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

常任委員会 教育委員会の質問

教育・厚生常任委員会 教育委員会関係は教員の多忙化について質問しました。

小学校、中学校、高校にもお伺いして現場の声をもとに質問しました。
各校とも、多忙化改善計画が出されています。
昨年度の改善計画で何が改善されたのか。
各学校で会議時間を減らすとか、会議時間を減らすとか答弁がありましたが、学校の努力だけでなく、教育委員会として思い切った業務改善が必要です。
様さまな研修や会議で出張したり、アンケートなど学校ではどうにもできない業務を教育委員会として改善すべきと発言しました。

部活動の指導や学習支援員の配置はほんのわずか、学習支援員は全県で10人。
県教委として「やってます」という事業には程遠いと思います。

さらに教員の多忙化に拍車をかけているのが、テストです。
県は全国学力テストのほか、県独自として小5と中2に到達テストをおこない、今年から小5と6年生の算数と国語の単元ごとのテストを実施します。9月から全県実施の前に先行実施している小学校でお話しを聞いてきました。

まず県教育から単元の授業のDVDが送られてきて、教師はそのDVDをみて授業を行い、単元終了に5~10分くらいのテストを実施。
10点満点のテスト(記述式)を採点して到達度やつまづいている評価をつけ、入力する。
クラスの児童全員分を毎回の単元ごとに担任の先生がするのです。
国語と算数あせて30くらいの単元あります。
もうずーっとこの作業していることになります。

しかもクラスごと、学校ごとに、児童ごとに教育委員会に送付する理由はありでしょうか。
9月から全部の学校、小5と6年生に、来年からは4年生から実施するのです。
教員の多忙化が進むとともに、
なぜすべての児童の採点と評価が必要なのか
なぜ県教委にすべの児童の情報が必要なのか。
授業改善なら、抽出で十分できる。
教師を管理したり、比較したりするのか。
単元テストに何の意味もないと指摘した。

朝こどもたちよりも早く出勤する。
「8時にはもう全員来ていますね」と校長先生がはなしてくれました。
子育て中の女性の先生はどうされているのでしょう。
保育園にこどもを預けてこの時間に学校に来ることはとても大変なことです。

とにかく、あれもこれも、もってこられて、学校は受けるばかり。
夏休みのポスターや感想文やら工作やら、いろんな団体から学校に持ち込まれて、「さばくだけでも大変」と話されました。

大規模校と小規模校は質的に多忙化が違う。
小さな学校は一人の教員の校務分掌が多すぎて、出張や外出が多すぎて、「ふと気が付いたら職員室に校長しかいなかった」

さらに小学校では英語の授業が始まる。
すでに5、6年生年70時間やっている学校もあるが、他の教科との配分、行事との兼ね合い。
「これ以上授業時間をどうやって確保するのか。」

多忙化改善どころか、多忙化推進し、こどもたちを管理、駆り立てる流れはとめなくてはなりません。
posted by こごし智子 at 23:37| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

教育・厚生常任委員会 福祉部関係の質問

県議会。今年は教育・厚生常任委員会の所属。
今日は福祉部関係では 介護保険、重度障害者医療費助成、病児病後児保育、そして保育園待機児童について質問しました。
まとめていうと、
県は市町村任せ。
現場や県民の気持ちや実態を知っていても、知らない顔をしている。
知っている。実態大変なことわかっていながら、知らない顔をしていることに腹が立つのです。

介護職員の充足率、2025年の充足率山梨全国1位と報道された。
えっ?
では現在2018年は介護職員足りているのかと質問したら
「充足してます」と答弁したのです。
先日、この常任委員会で介護施設の方と意見交換会で「募集しても応募がない。しかたなく成約料100万かかる人材派遣に頼んでいる」とだされた意見は違うというのか!
充足しているわけがない。本会議でも何回も質問されている。
介護職員足りないとわかっていながら、なぜ充足していると答弁するのか。

介護保険料が値上げされた。山梨市では32%甲府市でも10%もの値上げ。
甲府市の基準額は6450円。2か月に1回の年金から13000円もひかれるのですよ。
払えない人がでてくる。
全県で介護保険料滞納者は何人いるかと質問したら5000人!
そんなにいるのですか。
保険料滞納してると介護サービス利用料が10割負担になったり、サービスに制限がかかる。
保険料値下げをと質問したら
「市町村の対応であり、県としての助成はありません」


重度障害者医療費窓口無料復活の署名が16000超えて出されている。
県は窓口無料廃止しても受診抑制はないと言っていた。
でも2か月以内に医療機関に自己負担額を完納しないと自動償還払いにならない。
二カ月過ぎたら、完納した領収書を市役所に持っていき、申請して、ATMに行き、ようやく戻ってくる。
だから自動償還払いされていない件数と金額を質問した。
そしたら「貸付制度がありますから、払えないということはありません」とまったく質問と違う答弁。
完納していないと未収金リストが医療機関から市役所にいく。すると貸付してくれない。
県が自動還付されていない人数や金額をつかんでいないのか。
「窓口無料廃止しても全額助成は維持する」とずって言っていたのに、全額助成していないじゃないか!
障害者が医療機関と市役所と何度も往復することがどんなに大変なことかわからないのですか!
あまりの答弁にちょっと叫んでしまいました。

保育園の待機児童問題。
なんど聞いても「ゼロです」と、なんとしても答弁は変えない。
新定義ではゼロではないといえるのでは
「新定義でもゼロと市町村から報告されています」
自宅から保育園、職場と1時間もかかるような時は特定の保育園にしか入れないから待機児童だと聞いても
「市町村はていねいに説明しています」
市立の保育園なのに、どこが0歳児が空いているかわからないので自分で調べてくださいと言われたり、
入所希望日の2か月前に申請して下さいといわれ、申請に行ったら年度途中にはいれる保育園はありませんといわれ絶望感。これでも丁寧な説明ですか
「市町村に丁寧な指導をと言っています」
市町村が待機児童を報告してきたらゼロではないと発表しますか
「市町村からの報告はゼロです」

その一方で
「希望の保育園に入れないという地域や時期があることも承知しています」
ということは年度途中の入所が厳しく、待機児童がいるということではないか。
さらに
保育士は充足しているとこれまで答弁していたが、今年初めて国に保育士確保の要望を出した。
「年度途中の保育士確保が厳しいので」
つまり、つまり、
保育士確保が年度途中は厳しい。
年度中の入所が厳しい。
と言うことは年度途中に待機児童が発生していることではないかと聞いても
「待機児童はゼロです。だから保育士は充足しています」をくりかえすばかり。

山梨県が発行している「子育て日本一、山梨県」のパンフに
「待機児童ゼロ
育休あけのこどもの保育所への円滑な入所を進めています」の箇所と矛盾してしまうからでしょうか。
どんなに実態が大変なことを知っていてもゼロと言わなくてはならないのでしょうか。

怒り全面の福祉部審査でした。
posted by こごし智子 at 22:50| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

6月定例県議会 代表質問2日目

代表質問2日目は民進系の議員二人。
前日の自民党系とは違って、後藤県政を支持するとはっきり述べていました。

答弁が今回は長い気がします。
知事選を前してなのか、実績の数字をならべる答弁が目立ちます。
質問も「どのように取り組んできたのか」「今後どのように取り組んでいくのか」と実績報告を求めている発言が多いのです。
実績として数字をいっぱい並べて、「こんなにやりました」とアピールする強気の答弁です。

議会改革検討として決算委員会総括審査のインターネット配信をする議長提案があり、各会派の意見の取りまとめ用紙が配布されました。
「開かれた議会」としてインターネット配信はやるべきです。
同時に、私は「総括審査には知事の出席を」と発言しました。
山梨県議会ではこれまで、決算委員会に知事は出席していないのです。

国会だって決算審査には首相が出席する。
事業執行の方針や経過、実績は知事の県政運営によるもの。
総括審査には知事が出席すべきです。
posted by こごし智子 at 09:17| Comment(3) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

6月県議会 代表質問1日目

6月県議会の代表質問が始まりました。
自民党が後藤県政の検証をした直後の質問。
さて自民党がなんというのか、注目していましたが、
自民党は混迷しているとあらためて思いました。

従来の「私も知事をお支えし」のような知事をベタほめするような発言はありませんでしたが、
さりとて、評価しているとも批判しているとも言えず、「県政を検証した」わりには「静かな」質問でした。

「県政の問題をわかりやすく県民にとどけていく」「県民目線と同じくして」とも指摘しました。
県民の声が県政にしっかり届いていないと自民党も思っているのでしょうか。

もう一人の自民党議員からは
「保育料の無料化、病児病後児保育の広域利用、産前産後ケアセンターの子育て支援は評価するが、
やまなしを元気にするのは生活基盤、産業基盤の整備。将来の山梨を思うと元気な山梨になっているのか」と指摘しました。

後藤県政の子育て支援を評価すると言うこと自体に疑問があります。
さらに
子育て支援よりも基盤整備をと優先順位を付けることなのかと疑問があります。
子育て支援は後回しにして、結局、リニアやオリンピックを好機として開発優先をということにつながってしまいます。

現在の県民のくらしは後藤県政でよくなってきたのか。いや悪くなってきたのか。
自民党の検証はどういう立場にたっての検証だったのか。
後藤知事を民進も自民党も支援して誕生し、これまで支えてきたのですから、厳しい評価はやはり難しいのでしょうね。
posted by こごし智子 at 08:52| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする