2018年10月07日

北富士演習場での日英共同訓練中止を求める請願は不採択に

北富士演習場での日英共同訓練中止を求める請願は不採択になった。
請願の紹介議員は私だけ。
審議を付託された総務常任委員会に私は入っていない。しかも同じ時間に私は教育厚生常任委員会。
総務委員会の傍聴者に様子を聞いた。

自民党議員が「地元がいいと言っているから」と言って不採択と発言した。
他には誰も発言せず、不採択になってしまった。
傍聴者からすると、採決したわけでもなく、何がどうなったのかわからないまま、「不採択」ということばだけですべてが決まってしまった。

本会議で私はもちろん請願不採択に反対討論した。
演習場使用協定違反であること。米軍以外の外国軍隊の利用は書かれていない。使用協定は3月末に更新したばかり。
1回限りと言う約束は保証があるのか。後藤知事や演対協が防衛省とかわした確認書には一回限りという文言は何回読んでも、誰が読んでも見当たらない。
日英の地位協定をとりかわしたという覚書について内容は非公開。山梨県も地元も何にも知らされていない。これでいいのか。

そして
こうした手続き上の問題だけでなく、なによりもこの共同訓練の中身が問題だからだ。
日英の連携強化が目的だ。
読売新聞に掲載されていたように「シミュレーターを使って敵陣地への攻撃の手段を確保する」など
戦闘訓練そのもの。実践を想定したものだ。
実弾訓練をしないから。一回限りだからではすまされない。
訓練に効果的なシミュレーター施設と偵察訓練に適している北富士演習場で戦闘訓練が行われている。
世界遺産の富士山のふもとで。

これこそ安保法の具体化につながる。
この訓練をもとに自衛隊が海外派遣されれば外国で、殺し殺される事態になりかねない。
北富士演習場では、今回の日英共同訓練で行われた「偵察訓練」が自衛隊ですでに常態化している。
日本を守るという安全保障がなぜ偵察訓練が必要なのか。
敵陣地の攻撃手段がなぜ必要なのか。

北富士演習場は「全面返還。平和利用」が県是である。
平和利用とは真逆の戦争の準備のための利用など許されない。
県議会として日英共同訓練を容認することは県民の願いに反する。


不採択に反対討論は私だけだった。
自民党は請願不採択に賛成討論しなかった。

私は不採択に反対。
そしてひとりは退席した。

「紹介議員になるべき。常任委員会で採択と発言すべき。請願不採択に反対すべき」
と何度も何度も
その場面その場面で
私がこれでかというくらい強く要請した
その議員は退席するのが精一杯だったのだろう。
でも本来は不採択にハッキリと反対と意思表示するのが筋だ。
ぶれない議員のやるべきことだ。

さらに不採択に賛成している議員たちはこの訓練を認めたことになる。
戦闘訓練。安保法具体化につながる訓練。

沖縄知事選のあとだけに、
怒りと悲しみとふがいなさと。
沖縄と山梨。

それでも
山梨でも、きっと沖縄のように「勝てる」日がくると私は信じている。
posted by こごし智子 at 21:43| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

9月県議会閉会しました。

9月議会が閉会しました。

開会初日に議長選。
議長選の立候補所信表明
出資法人指定管理施設の調査特別委員会の反対討論
本会議で一般質問。
常任委員会、
そして閉会日に日英共同訓練中止求める請願不採択に反対討論。
いろいろありました。

質問して感じたのは後藤県政が県民に冷たいということ。
心底冷たいと思ったのが一般質問の介護保険と重度障害者医療費助成の答弁。

介護保険料引き下げるために国に負担を求めるべきと質問したら
介護保険は持続可能な制度として国や県、市町村、被保険者の負担割合が決まっている。
国に要望すると言わないのだ。
ましてや、県独自の介護保険料減額制度なんて毛頭考えていないようだ。
甲府市の介護保険料は基準額で6400円を越えた。
7年後には8500円になると試算も出ている。
2000円も増える。
年金は増えない。
払えない。
そしたら、「滞納で年金や預金の差し押さえは法令に基づいて適切に実施されている」と答弁した。
困っている人に手を差し伸べるどころか突き落とす答弁に怒りが沸騰した。

重度障害者医療助成窓口無料復活をと質問。
自動償還出来なかった、未納の方が今年の1月では208人いた。0.9%と言った。
208人だけ。208人しか。208人のみ。
違うでしょ!208人もですよ!
なぜ貸付が少ないのかと質問したら「制度が浸透してきたから」
なぜ未納となるのかと質問したら「貸付を利用していないから」
なぜ未納の方は貸付使わないのかの質問は「さらに周知してまいります」
と質問に答えていない。

さらに限度額認定証が発行されないことについて
「保険料滞納していると法令上、限度額認定証は発行しないものとなっています。各市町村の判断です」

重度の障害者が貸付のために病院、市役所、ATMを往復すること。
貸付返済していないと次は貸付利用できないこと。
医療費未納の場合には貸付までとても手間がかかること。
貸付は上限10万円まで。保険料滞納して限度額認定証発行してもらえなければ入院したら何十万円にもなること。
こうしたことを県が知らないわけがない。

再質問、再々質問しても同じ答弁繰り返すだけ。
冷酷非情だと思った。

保育園待機児童は「ほかに利用可能な保育所等の情報提供したにも関わらず、特定の保育所を希望している場合は待機児童に含めないとされています」と答弁したのだ。
違う!と再質問した。
「保護者に寄り添ったていねいな対応をと国は言っている。全国の市町村では特定保育所希望の場合に待機児童に含めている所がある」

職場と保育園が全く逆の方向だったり、自宅から遠くの保育園なら空いているからと「情報提供」されても職場復帰できないですよ。
それを待機児童に含めず、まるで保護者のわがままだとでも言いたいのか。
自分がその立場になったら、どうやって保育園に送迎できるか。始業時間に間に合うのか。想像してみたらわかるはず。
冷たすぎる。

その一方で
最大会派の富士登山鉄道建設をの質問に検討すると答弁。
異常というくらい高い落札率、一社入札率について「入札は適正に行われている」とさらりと答弁。
本当にこのままでいいと思っているの??

あきれてしまう。
県民のくらしどうなっているのか。
高齢者、障害者、こどもや働く女性のことにこれほど冷たいのか。

どういう立場に立つのか。
問われると思う。

posted by こごし智子 at 09:47| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

県議会 代表質問

代表質問は二日間。
驚いたのは富士登山鉄道の建設を検討するという質問と答弁。

えーっ。いくらかかるの??
リニア駅周辺整備
スタジアム
さらに富士登山鉄道。
お金いくらかかるのぅ??
指定管理施設の「県立」の施設があっちの施設もこっちの施設も老朽化しているのはどうするつもり??

これだけでも全部足したら、いくらになるんだろう。
そんなお金はどこからででくるんだろう。
作るだけじゃなくて維持管理はどうするの?

質問した議員が
「決断と実行の時、50年後の山梨がどうなっているか重要な時だ」と発言した。

決断と実行が巨額すぎる建設となってはならない。
50年後を考えれば、やるべきことは巨額な開発ではないと思う。

posted by こごし智子 at 20:51| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

議長選 「たらいまわしは許さない」と立候補所信表明で述べました。

議長選。
気持ちをあらわすために、白のジャケットで行った。
議長選に先立つ所信表明会は私と最大会派の二人だけ。

議長の任期あと半年で突然やめた議長。
私は「議長は任期を務める努力をする」と議会基本条例に加えることをただちに取り組むと主張した。
あと半年の議長任期でやれることは限られている。
議会流会を起こしてしまった、今任期の議員の責任として、
議会基本条例の精神に則って「議長たらい回しはしない」と明言することが流会議会のせめても責任だと思う。

結果は当然のごとく、私は一票だけ。
白票6票は、わたしでもなく、最大会派でもない。
じゃあ、白票の人たちは議長とはどうあるべきと考えているのか聞いてみたい。

選挙結果よりも、怒っているのは、議長選挙投票直前の議長退任あいさつだ。
本会議でネットでもテレビでも中継されている。
所信表明会は議事録もテレビもネット配信もない。

退任あいさつは電波を使って、私の所信表明も名指しで批判したのだ。
「4年やれという議員がいた」「たらい回しのことしか言わない」「マスコミがあおっている」
「長くやればいいのか。4年やればいいのか。」「議会改革でやるべきことをやったから議長やめると決めていた」
「ヒトの進化論。10万年間ひとりの人間では進化はなかった。前の人にプラスして進化してきた」とまで言った。
たらい回しの何が悪いんだというあいさつだった。
私の所信表明を批判し続けた。

議長選投票直前に特定の立候補者の発言を否定する意見を議長退任あいさつという場を使って述べていいのか。
ムカムカする心。退任あいさつに拍手などおくれるわけがない。
抗議にいこうかと思ったが、テレビを見ている県民はわかると思う。

「たらい回しは許さない」と県民が思っている。
その声を私は所信表明でのべて決意した。
その私の意見を批判するということは県民の声を否定することだ。

ある人に「県議会に県民はそんなに期待してないからそんなに怒らなくても」と言われた。
その通り。期待されていないことはわかっている。

でもこの県議が、県民生活を左右する議案の議決をするのです。
県民のくらしと命に責任を持たねばならないのが県議会議員なのです。
そのことを議員も県民にもわかってほしい。

一票しか入らなかったけれど、立候補しなかったらゼロ。
たらい回しを議会が可とすることになってしまう。
県民の声を一票でも表すことができたと自分を納得させる。





以下、私の議長所信表明です。


議長選挙にあたり、私、小越智子の所信表明を行います。
 私こごし智子が議長になりましたら、「議長は任期を務める努力をする」と議会基本条例に書き込むことにただちに取り組みます。議長の任期は地方自治法で議員の任期とされています。議長の職責はとても重いものだからです。

 一昨年の議会流会からわたしたち山梨県議会は二度と流会などさせないと議会基本条例を制定しました。それから1年半、議長選挙は今回で3回目です。今度の議長は第127代にもなります。この4年間で5人の議長が誕生することになります。議長は議会を代表する責任者であり、1年足らずで変われるものではありません。知事とともに二元代表制の一方の県議会の責任者が1年足らずで変わっていたら、議会の権威は落ちるばかりではないでしょうか。
 議長選に先立つ所信表明会は昨年の6月、12月、そして今回。1年も持たずに議長がかわることに、昨日も市民団体が抗議をしました。「またたらい回しか」「最大会派の都合で議長はしょっちゅう変わるのか」県民から批判の声が上がるのは当然です。
とりわけ、今回は県議の任期あと7カ月という時期での議長交代です。4月には県議選もあり、およそ半年の新議長になります。9か月前の議長選の時に任期途中で辞めるという話はありませんでした。今回の辞め方は議会改革に一番逆行する行動です。
 議会基本条例前文に「県民の理解や期待に十分応えていないのではないかとの厳しい指摘もあることを踏まえ。現状を真摯に受け止め、議会の果たすべき役割を明確にするとともに、より開かれた議会活動の推進とたゆみない改革への決意を広く県民に示す」と議会全員で確認し、県民に表明しました。いわゆる「議長のたらいまわし」はこうした県民からの厳しい指摘を真摯に受け止めていないといわざるを得ません。県議会はまだ何も変わっていないと県民に指摘されても仕方がない事態です。
 私は「議長は任期を務める努力をする」と議会基本条例に書き加えたいと思います。議会流会の原因は何だったのか、もう一度考え、反省せねばなりません。議長は任期を務めるのが当然でありますが、1年足らずで議長交代をさせてしまっている現在、「議長たらい回しはやめる」と宣言することが議会流会を起こしてしまった議員、議会として県民の信頼を回復する、任期残りわずかな今任期中の県議としての責務ではないでしょうか。少なくない議員が「議長のたらいまわしは許さない」と意思表明することが県民の信頼回復につながります。

 任期はあと半年あまりしかなく、議長の任期中にできることは限られています。本格的な議会改革は改選後の議会におくらざるを得ません。私は山梨県議会を代表する議長として、県民の負託を受けた県議会議員が有権者の代表として、知事と向き合い、論戦する議会を作るために全力を尽くします。

具体的にいくつか申し述べます。
 本会議において、知事に答弁を求める質問は答弁者に知事を指名します。現状は議員が知事に答弁を求めても、部局長が答弁するのが当たり前となっています。他県の県議会や市町村議会では知事が答弁するのが当たり前です。知事への答弁要求には原則として知事が答弁するよう議長から知事を指名します。知事、当局と緊張ある議会とするため、当局との意見交換会なる懇親会は廃止します。新年の幹部職員と議会の新年互例会は職員の勤務時間外の時間に設定します。また自由参加とはなっているものの新年の護国神社への参拝に公用バスの使用は政教分離に反する疑いがあり、廃止します。質問にあたって、当局への事前提出は質問全文ではなく、質問骨子のみの提出とします。
 継続審査となっている請願は引き続いて継続審査が続くと、2月議会後、議員の任期満了をもって審議未了、廃案となってしまいます。採決し賛否をはっきりさせるのか。なぜ継続なのかを県民にしらせる義務が議会にはあります。請願が継続審査となった場合はのこり半年で閉会中に審査を進めます。また継続の請願も含め、請願審査にあたっては内容について委員会で請願者の意見陳述をおこなうことを提案します。
 さらに、この議長選の所信表明は本来は議長の辞任が議決したのちにおこなわれるものであり、議長選立候補表明の時期についても再検討します。

 私は今回3回目の議長選立候補の所信表明となります。初めての所信表明会は議会改革への高揚感がありました。しかし1年足らずで次つぎと議長が辞任する中で立候補表明会が儀礼的なものになってはならないと思います。各会派が議会改革をかたり、議長とはどうあるべきかを論戦しあい、山梨県議会を高め合うのが県民への議員の責任である思います。
 議員任期あと7カ月。山梨県議会は県民に開かれ、県民の声を議会で論戦しているか、県民の理解や期待に十分応えているのか、常に謙虚に向き合う議会をつくる決意をもうしのべ、所信表明とします。

posted by こごし智子 at 23:27| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

議長が突然辞任。県議の任期あと半年で辞めた

また、議長が辞めました。
昨年の12月議会で前議長が突然辞任して、今回は9月議会を前に議長が辞任。
来年4月には県議選があります。
県議の任期はあと半年です。
半年、他の人に議長になってもらうために辞めたのですか。

議会改革を進めたとしても、任期途中で、しかも県議の任期あと半年で議長を辞めることを県民はどう思うでしょうか。
議長たらいまわしは議会改革には逆行します。

議会流会までしたこの4年間の任期。
任期の最後も県民から批判される県議会になってしまいます。


posted by こごし智子 at 09:42| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする