2020年08月26日

完全歩合制のタクシー運転手 コロナで月収3万、5万   雇用調整助成金ももらえず。 県に要請

コロナでタクシーの運転手さんの月収が3万、5万。
とても暮らしていけません。
タクシー労働者が県に補てんを求め、業界に指導を要請しました。私も同席しました。
コロナ禍のタクシー運転手の給料についてアンケートをとり、要請となりました。

そもそもタクシー労働者の賃金体系が、かなり違います。
完全歩合制です。

歩合制というと、基本給にプラス、売り上げに応じて給料が支払われるとおもっていたら、まったく違います。
会社によって割合は違うそうですが、ある会社は売り上げの半分。またある会社は35%しか手元に支払われないとか。
売り上げの完全歩合制は走行距離が長くて一日5万売り上げがあれば25000円は会社。残りが自分の収入。
景気の良い時は、完全歩合制は走れば走るほど給料が増える。
でも、コロナでお客さんが激減。4月には3万円しか給料がなかったというアンケート結果に納得するとともに、
これじゃあ、こどものお年玉より少ない。

コロナで労働者の給料を支援する、雇用調整助成金という制度がありますが、休業しないと対象になりません。
タクシー会社は売り上げが減るから運転手に休業としません。
だから雇用調整助成金もらえないのです。
仕事しているのに、給料激減。休業もできない。

「2時間ずっと待っているだけ。」
「コロナで4人やめた。食べていけない」
「お客さんが増える見込みがない」

バスやタクシーの公共交通政策を担当する、リニア局交通政策課が対応しました。
「雇用調整助成金を使って」「労働局の管轄」「県も財政難なので休業補填できない」「関係部局と情報共有する」
ありきたりの、国会答弁のように、読み上げただけです。

ある運転手さんからは
「感染防止のパーテーションもつけてくれない。消毒品は自分持ち。感染不安も自分でやっているので、お金がかかる」と実態告発。

県が感染防止の助成金出しているはずなのに、運転手さん持ちとは。
県はしっかり把握しているのか。業界を指導しているのか。

雇用は労働局、他の部局と言うが、タクシー業界の管轄課として、雇用調整助成金もらえるよう、休業をタクシー会社に指導せよ。

もうひとつ、今回は触れられていませんが、大きな問題は、最賃をかなり下回っているということ。
「乗車まで2時間以上まって、ようやくお客さんが乗る。毎日16時間もまつ。昼飯代が稼げるかどうか」
手取り3万や5万で、拘束時間が16時間としたら、明らかに、大幅に、とんでもなく、最賃を下回っている。
山梨県は最賃837円。

完全歩合制のタクシー労働者の問題は全国共通の問題だとも思います。
コロナでもっとも弱い立場の方への支援が今一番やるべきことだど改めて思います。
posted by こごし智子 at 19:33| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議会の説明と違う。

ちょっと、かなり怒っています。
議会での説明と実際の事業執行が違うなんて、どういうことか。

6月補正で3億円が計上された
「GoToキャンペーン」と連動し、本県の魅力ある観光資源を生かした付加価値の高い滞在型旅行商品の販売を通じて誘客を促進する「県内観光産業反転攻勢支援事業費」

県内の観光事業者さんから電話があった。
「県のホームページを見るとこの事業は県内旅行業者は使えないようなんですが、5000円の補助があるんじゃなかったのですか?
 ホテルが対象ってなってますけど、どういうことですか?あてにしていたのに、これじゃ県内業者はどうなるんですか」と。

えっ?
旅行業者に補助だったはずだけど。
大手だけじゃなく、地元の業者にまわるようにと常任委員会でも質問したけれど、

6月補正予算の概要、予算説明書を見ると事業内容は
「販売した旅行事業者等に対して一人泊あたり最大5000円の支援」と書かれています。

素直に解釈すれば、販売した旅行業者とはホテルじゃなくて、観光業者だと思う。
しかし
ホームページにはグリーンゾーン認証の宿泊施設に5000円とある。
どういうこと?

担当課に聞くと
「旅行事業者等とありますよね、等は宿泊業ですから」

「販売した旅行事業者」が主じゃないのですか?」
「議会での説明と違うじゃありませんか」
「地元の旅行業者に支援と質問もしたのに、どういうことですか」

「6月補正の時はGoToもしっかり固まっていなかったらです」と返答していますが、
やっぱり納得いかない。
議会の説明と違って、訂正もなく、3億円も進めるってどういうことなのか。

GoToは最大14000円の割引
さらに県から5000円の割引。
割引き率が高いから、普段は泊まれない高級旅館に行きたくなるのは当然。

小さな観光業者でなく、大手旅行業者に配分が多いと言われているGoToトラベル。
ホテルも大手、業者も大手に集中している。

議会の説明と違う。
「話が違うぞ」
posted by こごし智子 at 18:37| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

世界遺産の富士山に 環境にやさしい電気バス 素敵です。

富士急バスが導入した、電気バス。
路線バスとして走っています。

毎日、決まった路線ではないそうです。
昨日は富士山駅、河口湖駅、富士山パーキング、そして5合目までを走っている電気バスに乗りました。
料金は変わりありません。

5合目にいく道はスバルラインです。
急勾配、急カーブも難なく、走っていきます。
スピードは落ちません。
加速も、減速もスムーズです。

しかも静かです。
窓も大きく、視界が広い。
普通のバスよりも乗り心地が良いくらいでした。
登山鉄道建設よりも環境にやさしいバスで十分だと思いました。

その後、富士急バスの本社をお訪ねし、電気バスの導入の経過や今後の方向についてお話を聞きました。
丁寧にご説明いただきました。

夜充電して、朝から走れる。
250キロ走行できるそうです。
5合目まで3往復しても、らくらく。東京との往復もできるくらい。
従来の燃料よりも電気の方が経費が安いのだそうです。
運転手さんも、電気バスの方が運転しやすいくらいだそうです。
国からの補助金も使い、車両3台と充電機3台分を整備したそうです。
(補助対象は2台分)

なぜ電気バスなのかとお聞きすると、
富士北麓地域として、富士山の環境を守ることを従来から進めてきたそうです。
これまでも環境にやさしい車両をもとめ、ハイブリット車両に切り替えてきたそうです。
そして、今回の電気バス。
さらに環境にやさしいバスです。

世界遺産の富士山に電気バスが走る。
富士山の環境保護の立場からしてもやさしいバスです。
富士山を背に電気バスが走るのです。
素敵です。


会社として利益を上げることが求められます。
しかし、
利潤追求だけでなく、将来にわたって、富士山の環境を守ろうと考えていることに、感動しました。
電気バスや燃料電地バスの普及に期待します。
環境破壊しての公共事業よりも、環境にやさしい方策を選択していくことだと思います。




posted by こごし智子 at 22:36| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

年度途中に保育園に入れない。 待機児童はゼロではありません。

保育園待機児童を考える会のみなさんと、山梨県に要請に行きました。
山梨県が言い続けている「待機児童はゼロ」に違和感をずっと感じています。

会の皆さんが100人を超える保護者からアンケートをとり、
希望の保育園に入れない。
年度途中の入園が難しい。
保育士さんを増やして。
実態調査をしてほしい。
要望しました。

参加した方から
「保育園に3人のこどもを預けている。3人目の時、上のこどもと同じ保育園はいっぱいで、他の保育園を紹介された。
 きょうだい別々の保育園に預けること。二つの保育園と職場に通うのに、一時間半かかることになる。一時預かりを利用すると一か月25000円かかる。もう絶望でした」
「保育園申請時の点数が高かったので、必ず入れると思ったら、入れなかった」
「申請受付の時、こども(乳児)を母に預けて、朝7時半に市役所に並んだ。入れたからよかったけれど、もし入れなかったら」

参加できなかった方からメールで届いた声も紹介されました。
「申請時に第8希望まで書かないと受け付けてくれない。でも第8希望の保育園になんてとても通えない」
「第1希望に入れなかった。他の園を紹介されたけれど、保育料や給食費が無料となっても諸経費がかかる。職場と保育園がまったく違う方向。
 保育園を選ぶことがわがままだと言われることが辛い。選ばざるを得ないことを知ってほしい」

「待機児童ゼロではない。私は、この子は待機児童です。
希望する保育園に入れないから、諦めて申請しないから、待機児童ゼロってことになっているんじゃないですか」
説得力のある、真実に迫る、お母さんの発言です。

要請をうけた担当課から
「待機児童はゼロとしていますが、年度途中に入りにくいことは承知している」
「保育士確保をと処遇改善や、職場のバス見学ツアーなどやっているが、どうすればいいか、対策をもっと考えたい」
と返答がありました。
自治体で差があることも認識していて、今回のアンケートを各市町村にも渡したいというので、ぜひにとお願いしました。

移住促進をすすめる山梨県は「待機児童ゼロ」をウリにしているようですが、実態は違うのです。
正しく、伝えること。待機児童解消に向けて対策をとっていますよ。という方が促進策になると思います。

担当課から課長初め、4人の方が真剣に話を聞いてくれました。
メモをとり、うなづいて聞いていただきました。

「待機児童はゼロです」と紋切り型の回答ではなく、県も苦悩していることが伝わってきました。
それぞれの立場で、ことばを選ばなくてはならないかもしれませんが、
こころを痛め、解決しなければと考えていることは同じです。
誠実に、丁寧に対応していただいた担当課のみなさんに感謝です。

住民と県とのパートナーシップはこういう信頼と誠実さの上に作り上げていくのだと思います。

ありがとうございます。
そして、対策のための予算が進むことを期待します。
posted by こごし智子 at 19:24| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

いつどこで誰が感染してもおかしくない。

新型コロナウイルスは強敵だ。
いつでも、どこでも、誰でも感染する可能性がある。
感染力は強力だ。
島根の高校でのクラスターや沖縄県の急激な拡大など、あっと言う間に広がって行く。
コロナウイルスは甘くない。
どこでどうやって感染したか、追いかけようがない。

感染源はどこかと、犯人捜しのようなことよりも、検査を拡大して、無症状の感染力の強い患者を発見し、保護することが一番だ。
「具合がちょっと悪いかなあ」と思ったら、躊躇なく、検査にいってみようと思ってもらえなければ、検査は進まず、感染拡大するばかりだ。




「休業要請に従わず、マスクもせず、営業続けていた」
「お店の名前を公表する」と言われたら、
熱が出たり、具合が悪くなって、「もしかして」と思っても、
感染したことを非難されるのではないか。
職場に迷惑がかかるのではないか。
と思って、検査を受けずに我慢してしまうかもしれない。
「ちょっと休んでいよう。黙っていよう」という傾向になってしまったら。
心配で仕方ない。

わたしは
「よく検査に行ってくれたね。ありがとう。拡大防止になるよ」と言いたい。


感染拡大防止のために、お店の名前や職場や地域を公表することは県民の不安解消になる。
でも
罰として名前を公表するとなったら。
どう思うだろうか。


いつどこで誰が感染してもおかしくない。
安心して検査をうけてください。
と、私は言いたい。




posted by こごし智子 at 22:12| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウィルス対策 第3回目山梨県への要請 D暮らしの応援

持続化給付金、雇用調整助成金、10万円の定額給付金や10万20万の生活福祉資金の貸付など直接の経済支援をもっと増やしてほしいと要望しました。
同時に、支払う方の負担を軽減することも暮らしの支援です。

コロナ禍で税金や国民健康保険料など、減額や猶予の制度が拡大していることの周知徹底を求めました。
さらに、
定額給付金や持続化給付金、生活福祉資金など、振り込まれた時を同じくして、
税金や国保料の滞納分の支払いを要求してくる事例があちこちの自治体で起きていることを伝えました。

定額給付金など、コロナ禍での経済支援は差し押さえ禁止です。
だから、差し押さえするとは言いません。
ある市では
「これまで毎月、2万円を分納していたのに、いきなり、30万円払うようにと言われ、困っている」
という具体的事例も伝えました。
「給付金があるから滞納分を支払えるでしょう」って感じでしょうか。

たしかに、コロナでの税金や国保料の支払い猶予や減額は今年の2月以降の納付に対してとなっています。
だから2月より前の滞納分は猶予や減額の対象にならないから、
「10万円が入ったのだから支払って」
というのでしょうか。

コロナ禍で収入が減っています。
だから給付金で生活を支援しようというのが趣旨だと思います。
滞納分を払おうにも、今はもっとお金がないし、滞納分を支払ったら、今の暮らしはどうするのか。
せっかく10万円で、暮らしに回そうと思っていたのに。
現在の経済状況をしっかり聞き、滞納分を含めて、親身に相談にのって、猶予や減額をしてほしいと要望しました。

国保料を滞納していると、通常の保険証が届かない場合もあります。
短期保険証や資格者証です。

コロナ禍で4月には保険証を手元に届くようにとしました。
短期保険証は3か月や6カ月の期限付きです。
期限が切れた後はどうなっているのか。心配です。

保険証が手元になければ、熱が出た時、病院に行けなくなってしまいます。
すべての方に手元に保険証が届くことを要望しました。
posted by こごし智子 at 00:12| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

新型コロナウイルス対策 第3回目山梨県に要望書提出 C教育環境の整備を

山梨県の長崎知事は知事選挙で25人学級を公約にしました。
25人学級実施に向けての検討会の年度末の報告書でも、まず小学校1年生からの実施をと報告されています。

山梨県は小学校1年2年生は30人学級、小学校3年生から中学3年生までは35人学級がすでに実施されていますが、
現場の先生によると
「机の前後は70センチ、横は50センチしか開いていない」という密状態です。
コロナ感染拡大防止の立場からもまずは25人学級を前倒して実施することを求めました。

学習支援員やスクールサポーターを高校にも配置してほしいこと。
学校の水道の蛇口を非接触型にや体育館にエアコンの設置ももちろん要望しました。

休校中、突然、オンラインで、双方向でと言われても、タブレットも、Wi−Fi環境も整っていない家庭もありました。
すべての児童生徒に双方向で、経済負担なく、オンライン授業ができる環境整備を急いでほしいです。
低学年にはインターネットの使い方も含めて授業で教えてほしいです。
自宅で子どもだけで双方向授業することも十分考えられますから。

大学生、専門学校生の生活困窮者への給付を拡大してほしいです。
ある専門学校では収入などから対象者が28人いたけれど、配分額が100万弱しかなくて、多くの学生が給付をうけられなかったのです。
枠が狭すぎるのです。

少人数学級の実施は教員を増やし、こどもたちにていねいな指導にもつながります。
もちろん、蜜状態の解決にもなります。
山梨県は25人学級と高らかに宣言しているのですから、1年生だけでなく、すべての学年での実施を求めます。
posted by こごし智子 at 15:06| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

新型コロナウイルス対策 第3回山梨県への要望書  B経済支援を急いで

これまで、自粛要請や、休業要請による売り上げ減少などに対して山梨県としての補償というか協力金はいっさいありません。
全国でも、まったく支給がない県は珍しいです。
「山梨県はお金がない」「第2波が来たら、また払ってと言われても、無い袖は振れない」と一貫して、支払う気配もありません。

全額補償は無理としても、何らかの協力金なり、支援金は必要ではないかと思います。
自粛や休業要請されて、売り上げが減っているのですから、
「要請しても補償はしません」となれば、要請にこたえることにも抵抗が起きかねません。

国からの臨時交付金は1次2次あわせて山梨県は150億円こえています。
事業化されず、予算化されていない枠が71億円あります。
県の基金もいったんは取り崩したけれど交付金でまた戻してもいます。
今年度、予算化したけれど、執行残となる事業も相当数あると思います。
「財源がないから」ではなく、
「財源を駆使して」
「要請と補償はセットで」と重ねて要望しました。

南アルプス市では持続化給付金に市独自に3割り上乗せしています。
甲府市では、持続化給付金は5割減少ですが、2割3割の減少事業所にも10万円給付しています。

市町村の財政が豊かというわけではありません。
それでも住民に近い市町村はなんとか経済を生活を応援しようとしているのです。

posted by こごし智子 at 16:20| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルス対策山梨県に3回目の要望書提出 A医療提供体制の支援を

今一番、心配なのが医療機関の経営です。
病院が休業になってしまったら、感染防止も、治療も、何もかも対策がゼロになってしまいます。

コロナ感染患者を診た医療機関が減収になり、職員のボーナスカットがあるなんて、「やっていられません」
もう何度も何度も要請している、空床確保による減収補てんはどうなっているのか。
いつ支払われるのか。
いくら支払われるのか。
このままでは医療機関の怒りは頂点になります。

今回の要請の主要項目の一つです。
国が4月1日からさかのぼって空床確保のための休止病床も含めて補てんを支払うと言っているのです。
山梨県は県独自に空床確保補填すると言っていたのに、それも支払われていません。
医療機関の経営に大損失です。

「補填します」といくら言っても、現実には支払われていない。
医療崩壊が起きてしまいます。
ただちに支払ってください。

今回の病床確保計画で250床の確保、100室の宿泊施設の確保を計画しました。
医療圏ごとに重点医療機関をきめ、特に重症患者を治療するのが県中や大学病院。
感染疑いの患者受け入れのための協力医療も確保したようです。
感染者が急激に拡大し、昨日のように1日10人とか二桁が続くことも考えられます。

また心配なのが、発熱患者の救急車の受け入れです。
6月の2週間ですでに搬送困難が13件あったそうです。なかには2時間近く搬送先が決まらなかった事例も。

感染疑い患者をうけいれる協力医療機関も、防護のために他の患者と隔離するためベットを開けておかなくてはなりません。
2次救急の医療機関がこうした発熱患者がつぎつぎ運ばれてきたら、どうなるのか。
救急搬送の連携、整備の構築も要請しました。

秋、冬のインフルエンザの流行とコロナ感染が同時になることは十分予想されます。
インフルエンザの予防接種の推進、ワクチン確保も要請しました。
笛吹市などではインフルエンザの予防接種の費用を市として助成するそうです。
県がインフルエンザの予防接種の費用負担も検討してほしいです。




posted by こごし智子 at 11:14| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCR検査体制の拡充を強く求めます。

恐れていたことが現実味を帯びてきました。
山梨県で、昨日のコロナ感染者10名。二桁になりました。

職場で感染防止に努めていたと思います。
マスクや手指消毒していたと思います。
でも、コロナはかなりの強敵です。
いつ、どこで、誰が感染してもおかしくない。
だから、検査なのです。

無症状の方も強い感染力をもち、感染拡大させるのがコロナウイルスです。
感染の伝播力を抑制させることが肝心です。
発症前の無症状患者をいかに早く、発見し、隔離、保護し、伝播を抑制する。
それには無症状者にも検査なのです。
診断確定のための検査だけでなく、防疫の立場の検査なのです。
この声は大きな流れになっています。

グリーンゾーンやガイドラインもやるけれど、今PCR検査を濃厚接触者だけでなく、周辺の人にも拡大する。
リスクが高い医療機関や介護施設、さらに接客せざるを得ない、スーパーの店員さんなどにも拡大し、定期的に行うことを山梨県も進めるべきです。
それには、長崎県のように、無症状者にも公費でPCR検査を。
大量、迅速に検査できる体制づくりを。

「感染防止につとめてください」
「感染防止に努めているお店を選んでください」

これだけでは
「感染したのは防止に努めていなかった自己責任だ」ととられかねない。
山梨県が遅れることがないように、PCR検査体制の構築を他県のように検討をはじめ、すぐ着手することを強く求めたい。
posted by こごし智子 at 09:40| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする