2021年06月19日

聖火リレー実施は不安です。

山梨県は聖火リレーを実施すると発表しました。
とても心配です。
残念です。
感染拡大中の時に聖火リレーをするのか。
あと一週間。
直前になっても中止を決断することを願います。

14日には日本共産党として聖火リレーの中止、オリンピックの中止を要請するよう山梨県に要望書を提出しました。
5月の新型コロナ対策要望書(6回目)を県に提出した時も
2月議会の補正予算の反対討論でもオリンピック中止をと述べてきました。
その時よりも、現在の感染状況は拡大しています。

クラスターの発生があちこちに起きています。
これから感染力がさらに高いといわれるデルタ株の感染が広がることは容易に想像できます。

県民の命、安全確保が第一です。
オリンピックの準備をしてきた思いは重々わかりますが、命、安全がかかっている問題でもあります。

聖火リレーの警備や整備にあたる方はまだワクチン接種も検査もない。
聖火リレーだけでなく、人が集まるイベントもあります。
感染拡大の不安が払しょくできません。

山梨県の翌日の神奈川県は公道での聖火リレーをすでに中止としています。
いまからでも遅くない。
山梨県も中止の決断をしていただきたい。

山梨市では事前合宿のドイツが事前合宿も中止したいと連絡があったとか。
県内、国内、海外から、感染の心配が発せられています。

オリンピックは中止を
コロナ対策をに最優先に

posted by こごし智子 at 10:03| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。